Don Blackman ミュージアム⁉︎

来週の番組にDon Blackmanの息子Kyle Blackmanがインタビュー&mixで出演してくれます。本人から、たっての希望で実現しました。(前回、私がカイルがDon Blackmanの息子だと発表したポストに、日本の有名DJやプロデューサー、レコードコレクターが反応してくれたよ、と伝えたところ、大変喜んでいました。)
さっそくインタビューしに自宅スタジオに訪問。
私のキャパに対していっぱいいっぱい、はみ出んばかりのDon Blackman攻撃w
お父さんの自伝を軽く1冊書けるくらいの4時間のおしゃべりをしました。(いつもはマーシャルアーツの精神論や哲学についてばかり話していたので新鮮wお父さんのことについて話すのはほんの一部の人にだけなんです)
いわば、ブラックマンミュージアムとも呼ぶべき、彼のスタジオで、お父さんが実際に弾いていたキーボードに触らせてもらい、気絶するかと思いましたw 
Kool&the Gangの曲で私にピアノの稽古もつけてくれましたw

お父さんのDX7もまだ動いていましたよ。
ヒップホップにサンプリングされまくりな父上ゆえに、カイルがどんな番組用ミックスにしてくれるかは、大体想像がつくかと思います。

お楽しみに。
偉大な父のレガシーを大切にするため、2013年の父の死後、膨大な未発表曲を、コツコツデジタル化していました。書類作業もハンパないようです。
びっしり録音された60分テープの数は200くらいあったでしょうか。気の遠くなる作業。

家族ですら初めて聴くものばかりだそうです。
その中からデジタル化されたものを聴かせてくれました。
このこと事態、私には身にあまり過ぎます。
その未発表曲の中にはカイルが幼い頃から、お父さんが必ず車でかけていたという、自作自演のジャズ作品が。
いつもそればっかりだったそう。
自分で聴きたいものを作り、自分と家族のためだけにプレイし、それは絶対リリースしなかったという、究極のミュージシャン魂を貫いていたんですね。 
こんな風に音楽バカとしか言いようのないエピソードが沢山あるので、今後少しずつ話してもらいますね。
音楽以上に家族を大切に愛していたそう。
音楽は彼の大切なソウル、生きる原動力であり、すべてだったことがよくわかりました。
しかもクレジットされなかった作品が多数あったそうで、その中から最近7インチでリリースされたレコードをいただきました。


うわべだけの派手さを好まず、決して軽々しい行動をしないカイルを友人として尊敬していましたが、それがお父さん譲りのものだったこともうなずけます。
本当に真面目で浮ついたところのない好青年なんですよ。
幼い頃からお父さんについて行き、色んなアーチストの浮き沈みや死を見てきたからかもしれません。
インタビューは、Blackman氏の功績だけで軽く特番になる量ですので、今回はイントロダクションです。

カイルにはこれから番組の準レギュラーとしてたまに出演してもらうことにします。

カイルが撮ってくれた一枚

Don Blackman

友達のDJのカイルは、なんと故Don Blackmanの息子。と言っても、ヒップホップやソウル好きの人じゃないとピンとこないかな。Holding You Loving Youなど有名なネタです。
お父さんの数百の未発表曲を受け継いだカイル。
昨日はその中から、家族も含め、聴かせるのはこの世で私が5人目という未発表曲を聴かせてもらいました。あのね、今すぐMaxwellやEric Benetがカバーしたくなるような名曲。
鳥肌。
私とカイルはたまにお喋りする仲だったけど、お互い何をしてるかという話になったことはなかったので、彼は私がお父さんを知っていることにも驚いていましたw
どこか品のある人だなと思っていたのよね。

スピリチャルな話や、星座の話で盛り上がることがあったので、ただもんじゃないなとw

普通男性はそんな話についてこないからね。
残りの未発表曲を聴かせてくれると約束しました。

もうね、ワクワクを通り越すわ😩生きてて良かった。
ちなみにお父さんにクリソツw

隠れ家バー

金曜日は友達と飲みに行きました。

待ち合わせたのはウィリアムズバーグの隠れ家バー。有名な所です。

一面レンガの壁!

90年代ヒップホップが心地良かった。

クラシックとして、のちにこんな余韻に浸れる音楽になろうとは90年代には誰も予想だにしなかったw

友人は、ロスとNYを往き来してる、とあるヒップホップアーチストのマネジメントをしている方で、色々な話が聞けて楽しい夜でした。

Brooklyn 一長一短

昨日はLES、Brooklynとバーホッピングしてから、ブルックリンのパークスロープの友人宅でムービーナイト。
レンガの壁はやはり素敵。

これぞブルックリン!
毎日目にする物って大事だよね。

私もいつかレンガの壁のアパートに住みたいな。
おまけに徒歩30秒でプロスペクトパークは良い環境!大型犬が欲しくなる〜。

パークスロープの中でも地下鉄駅まですぐなのでかなり高級エリアみたい。
でも、ブルックリンは色んなものが離れているのが難点。
広いの。安全な地域も限られてるし。
車があっても駐車し辛そうなので、簡単なことをするのに時間がかかりそう。
逆に、遊ぶ場所の多いマンハッタンは、子連れにはなかなか大変な街なのでブルックリンや郊外が人気なんでしょうね。
私の場合、スーパー、地下鉄、郵便局、カフェ、銀行、クリーニング、AT&Tが、すべて徒歩10分圏内の今のLESの環境は札幌の澄川駅前並に便利。
ただ友達が、私が日本人だからと気を遣ってとってくれた日本食のデリバリーは、マンハッタンよりボリュームがあって安かったw

隣の猫村さんin NY

アンソロポロジーは、何も買わなくても癒される場所。

新作のマグカップは、ほしよりこさんの「隣の猫村さん」にインスパイアされたかのようなデザイン。

最近蒸し暑くてヨガの練習に身が入らないので、6時台にチェルシーマーケットでタイ料理の晩御飯。

早い夕食で早い消化、早きして練習出来るんじゃないかと計画。

子どもの頃は毎日6時には晩御飯でした。

早い消化でぐっすり10時間くらい寝ていたのでこんなに背が高くなったのかなー