祝スノボの初メダル、そして編み物コーチ

またまたソチの話題。

ハーフパイプ男子で平野歩夢選手15歳が銀メダル、平岡卓選手18歳が銅メダル!!

おめでとうございます。

ハーフパイプで日本は初のメダルに輝きました…。アメリカは今夜の放送なので今からワクワク。

北海道という土地柄、そして私の仕事柄、スノーボードの発展を見守る環境にいたので、とうとうここまで来たんだな、と感慨深いものがあります。
スノーボード関連の仕事&盤渓スキー場からの生中継があるので私も95年からコーチについてスノボレッスン(笑)
週に5回くらい盤渓スキー場で練習。その時は車が無いので1人でボード持って地下鉄とバスで盤珪に通ってましたね…。

スノーボードがどれくらい大きい競技になるのかは何となくわかっていたけれど、未知数でした。

あの頃から考えると、ハーフパイプ競技が長野から始まり、そしてとうとう日本人選手がメダルに輝くって本当に素晴しいです。

思えば、TOYOTA BIG AIRでMCをさせていただいていた頃、今やアメリカのスノボ界をしょって立つショーン・ホワイトまだ14〜5歳くらい。
お母さんも一緒に来ていました。

優勝インタビューをさせてもらった時、優勝商品のトヨタ車について「僕はまだ免許ないからどうしよう」なんて言っていました。

平野選手、平岡選手、共に、スノボの歴史よりも全然若い(笑)
頼もしいですね〜。これでまたスノボブームになれば良いなぁ。

さて、もう皆さんご存知だと思うのですが、とっても癒される画を発見。

フィンランドのスノボコーチが、スロープスタイルのスタート地点という緊張マックスな場所で編み物w
次期オリピアンにプレゼントするために、選手で回し編みしているとか…。
千人針みたいなもんでしょうかね。

横でコーチに編み物されてるトンテリ選手、どう思ったんだろ???
ショーン・ホワイトが辞退するくらい怖い競技なのにね。
ちなみに、コーチの手元を見るとフランス編みw

The-Knitter-OG

私はアメリカ編み派です。

SNSでもご購読できます。