美容&ファッション

今日のスタイル

特別に着飾っては全くない(汗)のだけどヨガに行く前に撮影してみたよ。

春らしくなったNYも朝夕はまだ肌寒い。

ヨガの後に冷えないようにこの時期は重ね着が便利。

 

フディ: Adidas by Stella McCartney

ジャケット:DKNY

パンツ:UNIQLO

ストール:ロンTを首に巻きつけてみた

写真はスリッパだけど、外にはゴールドのキラキラOxford靴で。

OM Yoga でフランクのクラスでプラクティス。しぼ られたワ〜

ヨガの後はコントワ・デ・コトニエのサンプルセールへ。

渡辺深雪ちゃんを呼び出し、ラストミニッツで色々買いました~。

クローズ1時間前なのにまだ沢山残っていたワン。

ジャケットやトップス、ワンピースなど良い買い物が出来ました

ロンパース

暖かくなると欲しくなる春夏もの。

昨年買ったロンパースは今年も使えそうで一安心。

ピクニックや野外ライブ、ストリートフェア等、とかく外に出る事の多い季節にぴったりのアイテム。活動的なんだけど、可愛いってやっぱりいいですね。

今年バージョンのロンパースも見逃せません。

ミッソーニのが可愛いんだな〜。

これもミッソーニ。何か羽織ればちょっとしたレストランにも行けそう。

お値段がそれぞれ800ドル(7万円台)です。

PATRICIA FIELD SALON&JOGGING

今年になって初めて美容室に行ってきました〜。

前髪が伸び切った今、そんなにマメに行くことも無くなったのですが、サロンは行くだけで「私って少しはマシになったかもしんネェ?」という、幸せな錯覚に陥らせていただけますので^^

今回初めて挑戦したのが、うちから徒歩圏内にある美容室PATRICIA FIELD BEAUTY SALON  です。

え?パトリシア・フィールド??

そうです、あの「SEX&THE CITY」 や映画「プラダを着た悪魔」のカリスマ・スタイリスト、パトリシア・フィールドのブティックの中にヘアサロンがあるんですよね。

まんず、店構えはこういう感じ

パトリシアのセンスが全開の強烈キンキーな店構えのブティック。

実はヘアサロンがあるんですよ〜、地下に↓

でもブティックのドラッグ・クイーン御用達な雰囲気と、この看板で、「一体どんなヘアスタイルにされるんじゃい?」「頭の3倍くらい盛られるんかい?!」とビビる日本人が多いらしい(多分アメリカ人も)

ところがどっこい、このサロンで長年働く日本人のAYUMIさんがいるから大丈夫!店内で写真を撮らなかったのですが、AYUMI さんの他にも日本人のアシスタントやスタッフが!日本語でバッチリやりとりもできて、縮毛矯正もメニューにあったよ。

私はこの日ヘッドスパとカットをお願いしました〜。

これがね、さすがプロ!AYUMIさんの完璧なブロウドライ(アメリカはブロウ命)のおかげか、記憶合金かのように、アイロン不要なシャツのように、私の髪の毛は翌日もそのまま!スカルプも綺麗なままなんですよ〜。

そして私の気分をアゲたのはAYUMIさんの腕だけじゃありません。

パトリシア・フィールドがウロチョロしてるんですよ、奥さん!

しかもね、プッチのジャケットにストライプのパンツ、足元はゴールドのビーサン。ナオミのファッションちぇちぇちぇちぇちぇ〜っく入りました(笑)

AYUMI さんともすっかり打ち解けさせてもらって、共通の知り合いが数人いることもわかり楽しい時を過ごしました。

店構えからビビる日本人が多いそうですが、気軽に来て欲しいとのことです。

確かにドラグ・クイーンのお姉様が大きなカツラを作成中でした。

ロバータ・フラックやハリウッド女優も来るそうです。

ウェブサイトはこちらからどうぞ

302 Bowery
New York, NY 10012
(212) 966-4066

そんな気分の良いサロン体験の翌日、友だちとイーストリバー沿いをジョギングしました。往復で2マイル、およそ3キロちょっと。でも初心者には丁度良い距離

ジョギングの後は地下鉄DELANCEY 上にあるESSEX マーケットの行きつけのジュース&サンドイッチスタンドTRA LA LA JUICE BARで腹ごしらえ。

このESSEX マーケットはスパニッシュの昔ながらの飾らない食料品店と最先端のお洒落グルメな店が混在する素敵マーケット。

例えば2条市場のタラバガニ売り場の隣にディーン&デルーカがある感じ。

私の行きつけのスタンドは魚屋もやっていて、店頭に並んでいる魚をグリルしたり揚げたりしてサンドイッチにしてくれるので新鮮。しかも激安。

飲み物は絞り立ての生キャロット&アップルジュース!

店構えは全く普通なのですが、手作りマフィンやクッキーがSOHO値段の1/3なんですよ!しかも大きいの〜カップケーキが1ドル台なのも嬉しい。

TRA LA LA JUICE BARの店構えです↑

ESSEX STREET MARKET IS LOCATED AT
120 Essex Street (at Delancey Street)
New York, NY 10002

ESSEX マーケットのウェブサイトはここをクリックしてくださいませ

LEGGINGS

この写真、別に「スピードスケート練習用パンツ」ではありません。

極地ネタですが、大会は全身タイツのモジモジ君、練習用はセパレートだったよね(笑)

最近、私が「お!オシャレさん」と思った女性が履いているのがパッチワークレギンス。

ヘルムートラング等のレザーパッチワークものになると10万円位するのですが、お手頃のものでは1万前後って感じかな。

写真は今私が欲しいと思っているmm6のもの。セールで100ドル弱。

TANK のライブに来てた黒人女性はアフロ風のヘアにクラシックなハット、パッチワークのレギンス、それにショート丈のツイードっぽいジャケットを合わせてるんだけど、胴が短く足が長〜いために普通丈に(笑)

体型で服を着こなしちゃうのよね。何を着ても似合う羨ましい体型。

全身グレーと黒にしてブーティだけスエードの赤とか紫、青ってのも素敵かも。

皆さんはどんなアイテム合わせますか?

健康サンダル

NYに住み始めて良く歩くようになりました。

札幌では車生活でしたし、地下鉄の駅が家から5分、会社は駅から2分、ヨガスタジオも駅から3分と、生活導線が短いため、意識しないと歩かない生活になりがちでした。

ところがNYは歩きます。

多分、ロンドンに住んでいる頃よりも犬がいる今のNY生活はもっともっと歩いています。

その中で何が一番困るか。

それは「靴」です。

日本では歩き易かったはずの靴もNYのデコボコ道路には歯が立ちません。

昼間はフラットシューズやビーサン、スニーカーでも良いのだけど、夕方から食事に出かけ、その後夜遊びするとか、お気に入りの服を来て公園のライブを見に行くというシチュエーションでは「見た目も良く履き心地の良い靴」というのが必要に。

過去ン十年に渡り、ヒールでパーティに行っては一晩中踊るという生活を送っていた私は腰痛+外反母趾気味の足という2重苦。

ヒールで走れるくらいの靴を探していました。でもそんなの無いんですよねー。

で、ビルケンシュトックに続き、夏の普段履き用にサンダルを購入。
BORNというメーカーで、デザインは普通なんだけど、このサンダル、すごーいクッションなんです。

冗談じゃなく、巷に出回っている靴の中でこれ以上にすごいクッションの靴があったら教えて欲しいほど。革のクッションの上を歩いているみたい。
このデザインに限るのかもしれませんが。

定価は75ドル位なんだけど、元々セールしている上に、2足買うと2足目が半額セールという事で20ドル台でゲット出来ました〜。

他にも可愛いデザインがいっぱい。
作りもしっかりしていてハンドクラフト風。
殆どが100ドル前後のお手頃価格。あと2足くらい欲しい。

一足目はMIZ MOOZ というこちらも洒落た健康サンダル系が充実したメーカーのサンダルを購入。

私は身長170センチ以上と高い方なので、ヒールを履くとだいたい180センチになってしまうんだけど、大きい人の多いアメリカでは目立たなくて良いです。

さっそく足に馴染ませるために履いてヴィンテージマーケットに行きました。
ヒールは2・5センチくらい。歩き易かったよ。

まだらに灼けた汚い足ですみません。