私の通うヨガスタジオOM YOGA CENTER(オームヨガセンター)はユニオンスクエアのすぐ側にあります。http://www.omyoga.com/

ヨガスタジオの近くには一通りのブティック達(H&M、FOREVER21、ZARA からセレクトショップ)、オーガニックを多く扱うWHOLE FOODS、TREDER JOE’S 、ユニオンスクエアのグリーンマーケットと、物欲、食欲を刺激するものがたーくさん。

煩悩を刺激されつつ、ヨガ後のひとりランチが最近の楽しみです。

時間の無い時にはユニオンスクエアマーケットが開かれている時には一個75セントの手作りドーナツを買って食べ、お腹をごまかすこともあるんですけどね

グリーンマーケットをのぞきつつすぐ横のドッグランで犬(&飼い主)鑑賞もお約束。犬って本当に可愛いんだよねー。

天気の良い日はWHOLE FOODS でランチを買ってベンチでのんびり食べたり、ゆっくり本を読みたい時はカフェやレストランに行きます。

ちょっと前までおそば屋さんの蕎麦&天丼セットにハマっていたのですが、せっかくヨガの後なのにと今は自粛中。

最近はスタジオから2ブロック先にあるマクロビオティックのレストランSOUENに行く事が多いです。

健康を気遣うニューヨーカーに浸透しているマクロビ食の専門レストランSOUENはNYに3店舗あるんですよ。

2年毎に出版した私の小冊子、「ポキート」にも書きましたが、私とマクロビの出会いはかれこれ20年近く前のロンドン。友達がマクロビのプライベートシェフをしていて、いつも彼女にマクロビ食の何たるかを教えてもらっていました。

基本は玄米、野菜と手のひらに乗る大きさの魚ならOKというマクロビは欧米人の心を掴んだようで、お昼はいつもニューヨーカーで満員です。

白人男性がひじきと玄米を美味しそうに食べている図は何だか不思議。

私も札幌で玄米食にしていた時期もありましたが、消化の事と、動物性のタンパク質との相性を考えて今は押し麦を混ぜた白米を食べています。

消化しやすい発酵玄米は特殊な釜&保存方法が必要なので現在模索中。

以前試したNYのとある有名なベジタリアン料理の店の玄米は「ゴムですか?」という位硬くて私には無理でした。

でもSOUEN の玄米は食べ易く、私は蒸し野菜等と一緒にいただく事が多いです。

今は週に2〜3日はベジタリアン生活。

そんな時でも乳製品は少し摂っていますけどね。

日本にいる頃はヨーグルトも牛乳も摂っていなかったのに、こちらに来てからヨーグルト生活を再開。

というのもFAGEというブランドのグリークヨーグルトが美味しいからなのです。

カスピ海ヨーグルトをうーんと濃くした感じ。

キャッチコピーも「呆れちゃう程の濃いヨーグルト」

写真はハチミツ付き。私が好きなのはピーチ。ソースとヨーグルトが別々になっていて、好みの濃さでいただけます。

初めて食べた時の食感は「え?これ生クリーム?」という位濃く感じちゃった。

ところが慣れとは恐ろしいもので、もうこれ以外のアメリカのヨーグルトは美味しくなくて食べられません。

イギリスにいたときはONKEN 社のアプリコットヨーグルトにハマっていました。

でも乳製品は脂肪がたっぷりなので週に2個くらいまでが限度かな。