買い物ごっこ

仕事からのエスケープタイム。

ヨガでもすれば良い物を買い物ごっごをしています。

この買い物ごっことは、実際には買わないんだけど、ショッピングカートに入れてみてはそれをまた入れ替えるという遊び。

子供の頃の遊びのような事をいい大人になってもやってます。(暇人の遊びとも呼びます)

欲しいけど、実際に持っていても着なさそう、飽きてしまいそうとかそういうファッションアイテムってありますよね。

まずはアレキサンダー・マックイーンのジャケット

これは実際に色々と使えそうね。

ROCK&REPUBLICのサンダル。

一足あったら夜遊びに良いかもね。あと、あまり歩かないランチの時等。

ALEXANDER WANG のサンダル

ごくごく歩かない日のピンポイントの買い物か、お茶する時にでも。

TORY COHEN のタイダイパンツ

タイダイでジャージー素材、少しハレムパンツ風と、流行をギュギュッと詰め込んだ可愛いパンツですが、値段が3万円以上してかわいくないの。

私のような暇人じゃないとこういうことってしないかもしれないんだけど、素敵なアイテムを頭に叩き込んでおくと、違うブランドやファーストファッションの店でノックオフを買う時に役立つのよね。

カートに入れた物を買う時も勿論ありますよ(笑)

まあ、無駄なものをあまり買えないリセッションだからこそ楽しめると言いますか(笑)

そういえば、ロンドンに住んでいる時にこんな事があったわ。

近所のスーパーセインズベリーに行くと、よくホームレスのおじさんが買い物カートを食品でいっぱいにしていたの。店員さんが、「あのおじさんは想像ショッピングを楽しんでいるのよ」と教えてくれました。

想像ショッピング=買い物ごっこ

あらゆる層に指示されています。

winter again

寒さが戻ってきたNY。

犬の散歩にもレザージャケットを着用した程。

犬の散歩で前を通ったドーナツプラントは母の日スペシャルドーナツを求めて相変わらずの長蛇の列。

HESTER STREET MARKET も、風が強過ぎでテントを外したそう。

昨日よりもブースの数は減っていたれど、コーヒーのお店等、新しいブースが出来ていました。

雑貨をチェック

AVENUE BにあるSIGMUND PRETZELSHOP が出店していて、朝ご飯用にチーズのかかったプレッツェルと普通のを購入。二種類だけ売っています。あっためたプレッツェルにマスタードを添えてくれます。

家に帰ってアツアツにしていただきました。生地がどっしり、しっとりしていて美味しかった〜。

犬のフードを買いにイーストヴィレッジに行ったよ。

フードだけ買うつもりがPINKYOTTOをのぞいたらベルトやバッグ等の小物を買っちゃった。

ここの服は100ドル台が殆どで手頃で可愛いんです。

着るとよりラインの良さがわかるのよね。

流行も程よく取り入れたデザインで、大人向けにアレンジしてあるのでおすすめ。

FOREVER21 やH&M 等、ファーストファッションの買い物に疲れた時のオアシス的な感じかな(笑)

NYだけでも数店舗あって、日本の洋服屋さんに近いものがあるのでよく利用しています。

今日は花束を抱えた人を沢山見かけました。お母さんや奥さんにあげるのでしょうね〜。

今日はこれからデスパレートな妻を見ながら夕食です!

HESTER STREET FAIR,LEGEND OF ROOF

泥のように眠った爽やかな翌朝。

犬の散歩がてら近所で4月から始まった、今マンハッタンで注目のHESTER STREET FAIR に行って来ました。ローワーイストサイド(LES)がますます面白くなって来たよん!

元々はアメリカで最も古いフリーマーケットだったHESTER STREET FAIR。

このマーケットを蘇らせたのは自称フリーマーケットジャンキーの近所に住むMTVのホストSuchin Pakと兄弟、友人の3人。

場所探しに苦労し、やっとSEWARD PARKに決まったそうです。

こだわりのヴィンテージクローズやアクセサリー、フードベンダー等、選び抜かれたお店がひしめいています。

まだ始まったばかりのマーケットだからでしょうか、お客さんも皆ワクワクしてた感じです。

規模的には小さいですが、家から歩いて5分の所にこんな素敵なマーケットが開かれるなんて、私の理想の暮らしに一歩近付きました。

ESSEX マーケットに入っている高級ベーカリーPAIN D’AVIGNIONも出店

ケーキも美味しそう。

犬の散歩がてら来た時に気に入ったバッグを見つけたんだけど、お金を取りに帰って出直した時にはもう売れてしまっていました…。取っておいてもらえば良かったです。

気を取り直してベトナムサンドイッチのANCHOIのスタンドでポークのサンドイッチを購入。

LESにあるカフェやレストラン、ESSEX マーケットのお店も出店しているんです。

タピオカの入ったカプチーノはマーケットの近くにある中華パーラーで買い持ち込みました。

テーブルと椅子もあり即食べる事が出来るのが嬉しい。

マーケットはドーナツプラントの裏側なので歩いて1分。ドーナツを買ってマーケットの中で食べるということも出来ます。又は、チャイナタウンで飲茶を食べてからブラブラ歩いて来るのも良いかも。

このHESTER MARKETから2ブロックの所にある場所でグラフィティのイベント「ROOF TOP LEGEND」があるというのでそのまま向かいました。

イベントの会場は何と、高校の屋上!

人気ヒップホップDJ ENUFF がプレイする中、昼間のヒップホップイベントです。

高校の中に入ると、演劇部でしょうか、歌と踊りの練習をしていたりして、学校感がたっぷり(笑)

屋上には以前から描かれたグラフィティやライブペインティング等、広いスペースにたーくさん。

超有名なTATS CRUの作品

通路が狭くて全貌を映せなかったのですが、この作品は、プリントアウトして、下の写真の通りに折り曲げると新たなグラフィティが現れるそう!

故GURUへの追悼を見つけました

ドープです!!

ウエッサイなスタイルも発見。

一応ギャングサインしているつもりですが、まぶし過ぎてくしゃみが出そうなの〜。クチュン!

その足でSOHO方面に買い物に行きました。

もうすぐ公開ですね〜。楽しみですね〜。

新しく出来たピザが話題のレストランに行ったよ(名前を確認するのを忘れた〜)

店内の様子です。夕方6時で店内は混み合っていました。

とても薄い生地のピザ。ペパロニが自家製なんですよ〜

この他にもフェンネルサラダも頼みましたが、カランツが入っていて美味しかったです。

おスロープな午後

ジェットセッター並のスケジュールをこなす渡辺深雪嬢に用事があり、犬を連れてブルックリンに趣きました。

まずは渡辺家の側のレストランでランチ。

パークなおスロープ周辺は本当にお洒落なお店がありますわね。

私のプチ誕生日ランチも兼ねていただきました。嬉しい!

テラス席は小型犬はOKとのこと。

私がいただいたランチプラター

ザンギチックなチキンがご飯に載っていて、フーマス(ひよこ豆のペースト)とサラダが着いているボリューミーな1枚。ミントティと共にいただきました。

永遠に話のトピックは尽きず…、

続いてはプロスペクトパークにて緑を吸収タイム。

息子さんのサッカーのレッスンを見つつピクニックです。

緑素を取り入れるのは道産子には不可欠ですね。

私達もバレーボールやサッカー等をしましたのよ〜。

渡辺さんは何をやっても筋が良いですわ。

うちの犬POCOもグリーンの上で楽しそう。

いきなりハリキリタイムしてました。

こうしてパークなおスロープでのひと時を楽しみました。

POCOは今、死んだように眠ってます。

私も夜遊びは控えて寝よ。

おやすみなさいませ

ROB BASE

今、TVのMONIQUE SHOW(モニークは映画『プレシャス』でアカデミー賞助演女優賞獲得)を見ていたらロブ・ベースがゲストじゃありませんか!

彼の代表曲88年のIT TAKES TWO (動画)は最近ではSNOOPのI WANNA ROCK にも使われていてオースクファンから若いヒップホップファンまで楽しめる1曲でしたね。

そのロブ・ベースが日本公演の時の事を話していて「曲が始まっても、客は皆シーンとしてだまって見ているんだよ。ビビっちゃったな。ところが曲が終わるや否や、それまでの事が嘘のように拍手喝采だったんだ〜びっくりしたぜ」と、日本の客の不思議さを語っていました。

呼び屋さんも「日本の客の反応はアメリカと違うのでそのつもりで…」と気を利かせて言うと多少は免疫が出来るかもしれませんが、ロブ・ベースが感じたようなパターンを私も何度も日本で見ましたね。

「あれ?アメリカでは自分のこの曲で全員が合唱なのに…実は人気無い訳??」というブレイクしたアーティストのとまどい。

私なんかは周りの反応に合わせる事なく声援送ってしまったりするんですけど(笑)

さて、ヒップホップって今振り返ると全てが繋がっていて面白いよね。

最初はパーティの盛り上げラップとスキルで競う、わりとポジティブなものから始まり、西海岸のギャングスタラップ、NWAで世間はコンプトンの存在を知らされ、アイスキューブがストリートを語り続けると東海岸でもありのままを皆語り出し、ブリッジ対決があり、ネイティブタン等多くの才能が表れ、誰もが言いたい事をラップするようになり、ギャングスター等多くの東のアーティストの活躍、西と東の対立、2パックとビギーの死、ディディがアメリカのチャートのトップに躍り出て、今や全米チャートのトップにヒップホップ(含むアーバン)がポップに君臨する事が当たり前のようになっちゃった。

多少前後してますが、大雑把に説明するとこんな感じよね。

若いヒップホップ世代が「俺は◯◯に影響を受けていない」と息巻いたところで、ヒップホップの網の中にいる限りは必ず繋がりがある訳で、口には出さずとも先人へのリスペクトを忘れては自分のやっている事に誇りを持てなくなるという理論が理解出来るのはもっと後なのかもしれません。

今日パフォーマンスしたロブ・ベース は、OGの貫禄たっぷりのオジブラとなり、IT TAKES TWOを名人芸のように披露してくれました。もちろんDJはE-Z ROCK!ノーダウトです。

インタビューの最後の方で「俺は100歳になってもラップしていたい」と語っていたのが印象的。

嬉しくなっちゃった。

ちなみに今年のアカデミー賞にノミネートされたジョージ・クルーニーの映画「UP IN THE AIR 」(邦題:マイレージマイライフ)にはYOUNG MC が出てました。

ホテルでパフォーマンスする本人役。

映画のロード・オブ・ザ・リングにいきなり座頭市が出て来るような、そんな意外性(笑)

とにかく続けるっていいことだ。