escape

おはよう!

仕事しなくちゃいけないんだけど、朝から気温が高く爽やかなシンコデマヨな水曜日。

新聞にはNYのラテン人口がおよそ200万人だと出ています。

スペイン語が出来るとNYの生活は充実すること間違いないかもね。

TVニュースでは盛んにテロの報道。

皮肉にも可愛い赤ちゃんを抱いて微笑んでいる容疑者の写真が映し出されていて「彼にとっての幸せとは?」と疑問を抱かずにはいられない。

奇麗な奥様と赤ちゃんとの3ショットも。

続いては70年間断食をしているヨギのニュース!!

ヨガをしていると、こういうヨギがいるらしいという噂を耳にはするんだけれど本当にいたとしたらすごいこと。

水も食べ物も摂らずプラーナ(気)だけを食べて生きているそう。

とかくヨガをエクササイズ視しがちですが、実はプラーナを取り込みエネルギーを巡らすという事に集中することが大切。体の柔らかさやポーズの完成度よりも意識したい事です。

私も早く断食(酵素飲むけど)がしたい!

今日のご近所アートです

夕べNBAのレイカーズ対ジャズ戦を見ていたら、会場にはベッカムやジャック・ニコルソン等のセレブも見に来ていたの。ロスだからありえるわね。

ところがですね、ジャック・ニコルソンったら、相手のミスにファールを取らなかった審判にものすっごい抗議。

写真は先日のレイカーズ戦を観戦するジャック・ニコルソン

ニックス戦のスパイク・リーもかなり派手ですけど、夕べのジャック・ニコルソンったら、レイカーズの監督はフィル・ジャクソンじゃなくって、ジャックなのでは?というくらいの立ち上がって大きな手振りでのパフォーマンス。

あまりにも白熱していて、これで負けたらシャイニングの刑に処されるんじゃないかって選手もビビっていたわ。

彼ほど得な俳優はいないわね。だってジャック・ニコルソンであることが一つのキャラクターで、それを一生演じ=生きているですもん。映画の役柄も本物のジャック・ニコルソンを生かした役ばかり。

楽しそうね、ジャック・ニコルソンという人生。「マルコビッチの穴」ならぬ「ジャック・ニコルソンの穴」も見て見たい。

ジャック・ニコルソンと言えば、NYのセントヴィンセント病院で生まれたそうなんだけど、その病院が先週経営困難でクローズしてしまいました。161年の歴史のある病院だったのに。

ジャック、バスケに燃えるのもいいんだけど、病院の為にも何かして。

恋のトルティーヤスープ

アン・リーファンなのに、何年も見逃したまま忘れていたのが「恋のトルティーヤスープ」

確か日本公開されず、ケーブル等でオンエアされたのみ。

この作品、今是非新たに公開して欲しいな。

「ジュリア&ジュリー」で散々美味しそうなフレンチを見た今だからこそ。

「恋するトルティーヤスープ」は94年の大ヒット映画「恋人達の食卓」のリメイク版。

オリジナルの舞台は台湾ですが、リメイクはメキシコ系アメリカ人版になっています。  しかも、脚本はアン・リー。監督はマリア・ルポルとルル・ゼッザ。劇中の料理は有名シェフスーザン・フィニガーとメアリー・スー・ミリケンのコンビ。

「恋人達の食卓」ではこれでもかというくらい美味しそうな台湾料理が出てきましたが、「恋するトルティーヤスープ」は、見た事も無い豪華なメキシコ料理が出て来るのです!

メキシコ料理って、タコスとかブリトーとかケサディーヤとか、何かこう、手軽なファーストフードのような偏見があると思うのですが、この映画ではお父さんがもう素晴らしいメキシコ料理を作ってくれるのです。

確かにここ数年、NYでもアップスケールな高級メキシカンレストランが出来ていますが、この映画ではメキシコ料理の深さを味わいたいぞと思わせてくれちゃって困った困った。

サボテンってあんなに美味しそうだっけ?というような。

スクウォッシュのつぼみを使ったスープや魚を丸焼きにして、ハッパをブラシ状に細かく切り、それをハケにしてソースを塗りグリル。

男性でも女性の胃袋を掴む事が出来、恋に発展するというのを見せてくれる恒例の弁当シーンですが、プチトマトに詰め物がしてある料理等、手が込んでいて何だか料理したくなります。

そしてもう一つは安心感。

「恋人達の食卓」で既にストーリーを知っているので、大体どういう展開かは見えているので慌てません。

親父役はヘクター・エリゾンド。日本では「プリティ・ウーマン」に出て来るホテルのコンセルジュとしてプチブレイクしました。

料理の美しい映し方、家具や食器、様々な色合いもさすがアン・リー!

この作品、意外と盲点になっているので是非是非機会があったら見て欲しいです。

夏を少しだけ…

タイトル通り、夏がまたまたやって来たNY。

日曜日はブルックリンのボタニカルガーデンで行われた「桜祭り」に行ってきました。

入場料は15ドル。

2日間に渡って日本の催し物が行われていました。

花笠音頭をブルックリンで見るのもオツなものですね。

残念ながら桜は散って全く無かったのですが、奇麗な花が沢山咲いていました。

マーク・ジェイコブス風の石が(笑)溶岩石らしい。

帽子の被り方でしょうか、私もちょっとハイキングに来た行楽マダム風(笑)

やっぱり顔がふっくらしてるわねぇ〜。アメリカのせいね。

TOPS:VOOM

PANTS:EARNEST SAWN

HAT:ABC STORE in HAWAII

BAG:PARCOで買ったノーブランド

祭りの様子は今週の番組内で特集しますが、沢山のニューヨーカーが浴衣やコスプレ姿で集いました。

でもね、コスプレって、日本人が金髪のヅラを被ったりするところに味わい深いものを感じるのですが、西洋人がするとコスプレじゃなくって似合ってるって事になっちゃうので、似合い過ぎるのもナンですね。

コスプレファッションショーも行われましたが、どこの誰をコスプレしているのか、ナオちゃんにはわかりません、ハイ。似合い過ぎているし。

桜は咲いていませんでしたが、またまた渡辺深雪ファミリーとピクニック

西洋人も食べられる、かつ日本人も満足出来るライン、ということで、巻き寿司と天ぷらうどんがメインのお弁当。ニューヨーカーに日本食は浸透しているので大丈夫。多分、アメリカ南部に行くと事情は違ってくるでしょう。ソウルフードのフライドチキンの親戚、唐揚げ弁当とかが良いかもね。

30度くらいまで気温が上がりグッタリ。

でも芝生で裸足になってグラウンディングしたので気持ちがよかった。

芝生に毒素を吸ってもらいました(笑)

BKからマンハッタンに戻り、うちの近所のANCHOI というベトナムレストランで夕飯。サーディーンのサンドイッチとフォーのセットで一息。

蒸し暑い日だというのをあらためて全身で教えてくれたのはコヤツ

バーの入り口を占領していました

週末 IN BK

真夏日が予想された土曜日、ブルックリンに遊びに行ってきました。

FLAT BUSH AVENUE 。外でチェスするおじさん達

FLAT BUSH に来ると、どうしてもパブロフの犬のようにカリブ系のものが食べたくなります。走る車からはGYPTIAN のHOLD YAH がガンガン流れてきて私の中のカリブの血が沸々と(笑)

よっしゃ、ローカルフードをやっつけよう!まずはロティを買いに食堂へ。カウンターの前にはレゲエイベントのフライヤーがいっぱい。

壁にもいっぱい

コンク貝のロティと、ライス&ビーンズ、グリーンなのはカラルー。ロティはチャパティみたいな生地の中に煮込んだ具が入っています。

プロスペクト公園でブルックリン組の渡辺深雪ちゃんや他の友達と待ち合わせてピクニック。

公園内で綱渡りの練習をしている人達を発見。

皆、芝生で寝転んだりピクニックをしてつかの間の夏日を楽しんでいます。

気温が30度位まで上がり、私も夏のスタイルで来ました。

今日のファッション

TOPS:be be

SKIRT:ZARA

SANDAL:UGG

BAG:MARC JACOBS & PUSHIM のノベルティエコバッグ

SHADES:SLY

緑がいっぱいでパワーがチャージ出来ます

犬用の水飲み場

一日中外にいたので夜遊びのパワー切れ。

沢山笑って歩いた一日でした。

shopping spree in Soho

金曜日はとても爽やかな天気。

気分が盛り上がったので甥っ子のクロックスを買いにSOHOに行きました。

うちからのんびり歩くと25分位で到着

ショップやギャラリーのウィンドーをのぞくのが楽しいSOHO


CHANELのウィンドーにはヴィンテージ風のクロッグが。可愛い!

暖かくなると何故か購買意欲が上がってしまいます。

家族や友達へのお土産を購入しつつ、自分にもアクセサリーやTシャツをゲトりました。のんびり買い物する時間が大好きです。

帰りはWHOLE FOODSで早めのランチ兼夕食

WHOLE FOODS は週に4回以上は通っています。

高いイメージがあるけど日替わりでセール品もあってけっこうお得だったりするんですよ。バナナは必ずオーガニックのものをここで購入。

美味しいものがいっぱいです