NERD祭り

NYは少しずつ暖かさが復活してきましたよ。

そんでもってライターの池城美菜子さんに誘われNERD祭りに参加。

昨日はNERD のライブ、今日はNERDの6月にリリースされるアルバム「NOTHING」のリスニングパーティという2日間のNERD 漬け。

NO ONE EVER REALLY DIES というまるでダライ・ラマの講演会(もうすぐNYであるよ)かと思わせるようなNERD

まずはFILL MORE で行われたライブ。

もう皆、指がつっぱらかってしまうのでは無いかというSTAR TRACK サインでお出迎え


オーディエンスの大半が大学生か?というノリの良さで、ライブ終わったらみんなで飲みにでも行くか〜という若さムンムン

そらファレルも満足よね

来週の番組でゆっくりレポートしますね!

そして今日はお洒落さんな街、ミートパッキングディストリクトにあるラウンジバーでリスニングパーティ。

夜7時にして気温は19度と、気分も爽快。

カフェもテラスに人がいっぱいね

でもこの街は危険。だってお洒落気分マックスにさせる様々な誘惑が!

とりあえずのぞくのはDVF

そして入ったらリスニングパーティそっちのけになりそうなので、ショーウィンドー越しにスカルものを睨みつけてしまった故アレクサンダー・マックイーン。

これからシャネルやベルサーチのように、本人が亡くなってもブランドは永遠に続くのかしら。今シーズンのスカルがなんだか追悼モードでビギーっぽい(=生前から死のモチーフって意味で)

もっともっとのぞきたい店がありましたが、これは週末にとっておくとしてリスニングパーティのはじまりはじまり〜

2ショット写真等は今後ゆっくりアップしますのでまずは…

ライブでは本当、控え目で、どこにいるんだよ〜と探さなくてはいけなかったチャド・ヒューゴ。数年前に電話でインタビューして以来。

昔、NYの街ですれ違った時の事をインタビューで話したら覚えていてびっくらしたな〜。才能のある人って記憶の引き出しがスムースなのね。

NERD のフロントマンのファレル・ウィリアムス。最近ちょっと仙人入ってきたような気が。ライブでもジュエリー無しの白いTシャツのみのシンプルさだったよ。

そして3人目のメンバーのシェイ・ヘイリー

NOTHING」楽しみ!

家に帰ってきて部屋からエンちゃんを見ると、赤いライティングでした

ネコのバウンサー

ウェストヴィレッジのバーの入り口で見張りをしているネコを見つけました。

門番かバウンサーかという落ち着いた面持ちで話しかける人間達に動じず、しっかいお店を守っていました。

隣の猫村さんが読みたくなちゃった。

雨の月曜日

今日は朝から雨。

今週番組でオンエアするTAJ JACKSON のインタビューのためにアッパーウェストサイドに行きました。

エリオット・ヤミンのWAIT FOR YOU や、ライオネル・リチ男のI CALL IT LOVE を手がけたソングライターでもあります。スターゲイトとタッグを組む辺りがNE-YO的。

4/14にデビューアルバム「IT’S TAJ JACKSON」をリリース。

甘い語り口とメロディーって何故か素直な部分を刺激してくれるんですよね。

ナルホドな話が沢山聞けました。

詳しくは今週のURBAN HYPE FROM NYC でオンエアしますのでお楽しみに!

雨だったので長靴を履いて行ったの。

初対面なのにいきなり長靴って失礼かなーと一瞬躊躇したのですが、ジャーマネのリッチ君が私のシーバイクロエ長靴を褒めてくれました。ホッ。

インタビュー後はローワーイーストサイドに戻り近所で買い物。

ESSEX MARKETに行ったよ。
ローワーイーストサイドって案外気の利いたベーカリーが無くて、ベーグル屋か中華系パン屋のみだったのに、いきなりここに素敵パン屋PAIN D’AVIGNONがオープンしたのが2ヶ月前。信頼出来るパン屋が近くにあるというのは心の支えになりますね。

たとえ毎日買わなくても。これまでディーン&デルーカや高級ホテル、レストランでしか味わえなかったのにいきなりブースでドドーンとオープン。

私はここのパン・オ・ショコラが大好き。細めのバゲッドもうまいの。これでバゲット・オ・ショコラしまくって肥えまくって大変よーまったく。

iPhoneで撮ったのだけどちょっとブレちゃった。

パンの勢いが伝わると良いな〜。ちなみにクロワッサンは一個2ドル、2百円弱くらい。クローズされると悲しいのでせっせと通ってます。

近所のケーキでおすすめはCAFE FALAI かDT WORKS 。どちらもCLINTON STREET にあります。DT WORKS はCLINTON BAKERY の隣なのでハシゴもおすすめ。

DT WORKS の店内

アメリカらしくなくケーキも上品で小さめ。もうほんと、美味しい食べ物屋が近所にウヨウヨという環境は、ノースが札駅前の大丸、東急の側というのと何ら変わりません。相変わらずうまいもん祭りしています(笑)

この日はチョコレートケーキ、プディング、コーヒー。

ゴチでした〜。

Mrs.O

オバマ大統領夫人のミシェルさん。

先日娘さん抜きで二人でバケーションしたそう。

その時のファッションがこちら

全身ブラックで、アクセントにブルーのフラッツ、ネオンカラーのトート。

どこのスタイリストさんですか?というスタイリング。

日本人にも速攻真似出来そう。

こんなにイケたファッションのファーストレディがいるなんて素敵ですね。

おまけにミシェルさんのiPodにはスティーヴィー・ワンダーやマイコーに加えてリアナやビヨンセも入っているそう。

そして今ミシェルさんが聴いているのがUSHER のニューアルバムなんですよ奥さん。

OH MY GOSH 聴いちゃってるんですよ〜!どうしよ〜、興奮ちゃう〜

USHER の離婚ネタ満載の今回のアルバム、どう受け止めているのかしら。

生々しいリリックがありますし。

それにしてもホワイトハウスでヒップホップやR&Bが聴かれる日が来るとは全く想像していませんでした。

bag,shoes

バッグと靴はいくつあってもまだまだ欲しくなる物欲のブラックボックスを刺激します。

いつかはオールマイティーな味わい深い一つのバッグで暮らせるようになると良いなとは思うけど、まだまだ無理ですね。

先日ブルックリンのフリーマーケットに行って懐かしいバッグを発見!

80’s 後半のレミネスといえば…

カルロス・ファルチのトートです!間違いなく20年以上前のです。

そうとうボロボロになっているこのバッグ、一体どういう歴史を辿ってきたのか、映画のレッドヴァイオリンのように「ロード・オブ・ザ・カルロス・ファルチ」として映画化して欲しいと思わせる程いろ〜んな物を入れられまくって来たんだろうなと。

日本では日本なりにブティックオーサキの靴と合わせて持っていた人も多いじゃないですかね(笑)ワンレン&ボディコンで(爆)

「癒し系」なんて言葉の無いバブル期の、ファッション激動の時代を生き抜いた人が持つにふさわしい、「シャネルじゃないけどファルチで悪いか」みたいなツッパリ根性も感じる激バッグとも呼べましょう。

きっと当時のファッショニスタが流行の最先端として購入。ティエリー・ミュグレーの服なんかに合わせていたのかな。案外と当時アライアばっかり着ていたナオミ・キャンベルの物だったりしてね〜。アライアやティエリーを買えない私はノベスパやゴルチエ着てましたね。懐かしい。ちなみにティエリーは昨年のビヨンセの衣装も手がけた元祖ボディコンです。

ファルチと言えばポシェットの代表。最近また復活してきましたね。しかも去年からのポシェットブームで今年はポシェットが色んなブランドから出ていて本家本元としても黙ってはいられないでしょう!

いやぁ、流行を2回目に体験するってけっこう甘酸っぱかったりするんだけど、それなりに進化してよりお洒落になってますもんね。

今流行のオックスフォードシューズも私が学生の時に持っていたコムデギャルソンの靴とそっくりのスタイルが巷に溢れていて、数年ぶりにあの靴の事を思い出しちゃった。

靴と言えばLOEFFLER RANDALL。ショートブーツ以外にも色々素敵なのがありますね。

昔のMIU MIUにも似ている感じの持っていたら活躍しそうな一足。適度にモードな主張と女っぽさもあってパイソンでセクシー。

最近気になっているバッグはREBECCA MINKOFF

このブランドは以前からアギネス・ディーンやサラ・ジェシカ・パーカ=も持っていて、どちらかというと地味なエディターバッグとして人気があったのですが、昨年あたりからかなり刺激が加わっています。

私はけっこう好きなデザインです。こういうバッグは「あったらいいかも」位で毎日に持つ「必至バッグ」じゃ無い余裕がお洒落かなって。

そして、80’sレミネスと言えば昔のシャネル。

普通のお洒落セレクトに昔のビンテージが並んでるんですよね。

無理してまで買うわけじゃないけど「あったら使う」というスタンス。

私もいい大人になり物欲も少なくなったので何でもかんでも買う事をしなくなりました。大人になったというより正常になったと言うべき?(笑)

死ぬ程欲しいものなんて無い事に気付いたよ。

それでも物欲満々だった昔、ユーミンがゲストに来た時に、ちょうどヴィトンのグラフィティを持っていたの。まだ発売の直前くらいでいきなり本物のグラフィティ+ユーミンというパッケージに圧倒され、私も真似っこして買ったなぁ。ユーミンに薦められちゃったりして(笑)これは持っておかないと、ってね(流され易い私。)

(ちなみにユーミンは当時でたばかりのナイキのショックスを履いてました)

素敵な人が身につける物ってまるで応援グッズのごとくスタイリッシュに見えるのよね。大人になっても流行の物を自分の好きなように身につけるってなかなかビジュアル的に難しいと思うんだけど、その行為そのものが似合う人になりたいわ。

ところで皆さん、グラフィティシリーズ、どうしてますか?

私はとっくに里子に出したよ(泣)

昔のフェンディ、ヴィトン、ディオール、バッグも服も何もかも皆里子に出してしまいました。シャネルのバッグは今CD入れになってるよ(笑)

そういえば映画の SATC2でキャリーがディオールのTシャツを着ていたの。

昔、大流行したものをお洒落なイメージの人がリバイバルで着ると何とも言えんね。焦るね。「取っておけば良かったのか?!」と…